2017年07月05日

パプアニューギニアからの怪しい電話番号に注意。

先日の夜、突然

パプアニューギニアから電話が掛かってきました。

海外に居る友人はいろんな国に旅行をしているので、”もしかして?”と一瞬思ったのですが

”いや、いや、あいつが電話を掛けてくるはずがない。いつも、掛けると言いながら掛けて来ないんだから”

思い直して、怪しい電話だろうと思って電話には出ませんでした。

その後、インターネットで電話番号を検索したところ、やっぱりヒットしました。

パプアニューギニアからの電話番号が何件か表示されてました。

その中にありました。ありました。私に掛かってきた電話番号もありました。

au、softbank、docomoなどでも注意喚起されているようです。

+675で始まるパプアニューギニアからのコールには注意しましょう。

パプアニューギニアに知り合いがいらっしゃる方は、知っている電話番号からのコール以外には気を付けましょう。

間違っても折り返しの電話などはしないようにしましょう。

国際電話になるので、折り返し電話をすると高い通話料が掛かるので注意しましょう。

何が目的なのかよくわからないようですが、気を付けてください。

でも、電話番号が流出しているのでしょうか?

それとも、でたらめな電話番号に掛けて掛かったら”この電話番号あり”みたいな感じになるのでしょうか?

そういえば、LINEでも全然知らないメッセージが届いたりしますよね。

私は、携帯電話を持ち始めてから電話番号を一切変えてないし、、、

便利な世の中になると、不便になる事も多くなるような気もしますね。

人を疑わないといけない回数が増えてくるのかな?

人を信じる事ができなくなるのかな?

でも、便利な世の中から完全に離脱する事なんて出来ないもんな。

上手く付き合っていくしかないですね。

話がそれましたが、皆さんもパプアニューギニアからの知らない電話番号からのコールには気を付けましょう。
posted by Katy at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする